お箸

2歳児の室内を覗くと、ミニトングやお箸で小さなポンポンを移動させる遊びに夢中になっている子どもたちがいました。

中には、保育者に丁寧に持ち方を教えてもらって真剣な表情でお箸を扱っている子どももいました。

また、栄養士から食具を正しく持てているかのお話も聞きました。

指を「バキューン」の形にして持つことを教えてもらい、子どもたちは一人ひとり自分の指で形を作って嬉しそうに保育者に見せてくれていました。

遊びの中や生活の中でお箸に興味を持ち楽しみながら練習していくことによって、食事でも「お箸やりたい!」と意欲をもって取り組み始めています!

2022年1月14日更新

こちらの記事も読まれています。


2021年3月04日
子どもたちの姿…


2022年6月10日
時の記念日…


2021年11月04日
親子スタンプラリー…


2021年10月08日
明日はいよいよ…!…


2021年4月13日
食事の様子…