もったいない

一歳児の保育室を覗くと・・・

おやつで食べた人参のヘタ。このまま捨てるのはもったいない!ということで、

リボーンベジタブル(再生栽培)に挑戦していました。

子どもたちの身近な食材を用いることで親しみが持てるようにしています。

ヘタを見て「にんじん?」と気付く子どももいました。

これからどの様に変化していくのでしょうか。興味津々で見ていました。

次は、2歳児クラスを覗くと・・・

グリンピースを育てていました。

同じ日に土に埋めた豆から芽が伸びているクラスと

芽が出ていないクラスがありました。

「出てない」「なにもない」と悲しそうな子どもたち。

「どうして芽が出ないのかな?」と保育者と一緒に考えます。

失敗をそのままで終わらせてしまうのはもったいない!

子どもたちが考えたり、調べたりする力を育んだり、

植物を大切にしたりすることを学ぶチャンスです。

食べ物を栽培する体験を通して食べ残しも減っていくといいなと思います。

2021年6月01日更新

こちらの記事も読まれています。


2021年6月10日
時の記念日…


2021年8月19日
夏ならではの遊びを楽…


2021年4月23日
楽しいお散歩…


2021年7月07日
七夕・夏まつり…


2021年5月10日
好奇心…