水やり

今日も良いお天気でしたね。

元気にテラスで遊んでいた2歳児の子どもたち。テラスから見える屋上菜園に幼児組のお兄さん、お姉さんがやってきました。「おーい。」と手を振ったり、「なにするのかな?」と興味津々で見たりしていました。

 

「お水あげてるね!」と子どもたち。2歳児のテラスで育てているゴーヤもお水を欲しがっていることを伝えると、「お水あげたい!」「(じょうろを指差して)あれがいい!」と言っていました。

じょうろを貸りに行くと「お水あげるの」「じょうろ貸して下さい」しっかりとした声で伝えていて、意欲を感じました。

 

保育室に戻ると早速、友だちと順番でじょうろを使ってお水をあげていました。

 

「あれ?お水が出てこない?」と友だちがじょうろをのぞき込んでいると、「ここでお水入れるんだよ」と教えてあげている友だちもいました。

水やりをしていて、こぼれた水をじっと見つめる姿もありました。

どうやら、木に水が染み込んでいくことが不思議だったようです。

「ふー」と息を吹きかけていると・・・友だちも「なあに?」とのぞき込んでいました。

保育者が水で絵を描いてみると、「あ、いなくなった」「ぼくもやりたい」と皆でお絵描きが始まりました。

 

子どもたちの不思議や興味は色々な所に隠れていますね。子どもたちの気づきを一緒に共有したり、発展させたりしていきたいです。

 

 

2022年5月30日更新

こちらの記事も読まれています。


2021年12月15日
成道会・針供養…


2023年5月17日
思いやる気持ち…


2022年6月13日
興味の広がり…


2023年7月14日
デイキャンプに向けて…


2022年9月14日
力を合わせて…