看護師からのお話「手洗い」

23日、「外遊び後」と「手洗い直後」に手型の寒天培地(手の汚れ具合によって細菌が見える実験キット)を用いて、手をぺったん!

クラスにある培地が毎日どのように変化するのか観察。2日目は、あまり変化が見られず、3日目以降になると2種類の培地に明らかに変化が!!!「この白い丸は何?」「これ(ルーペ)で見ると、どうかな?」と子ども達も保育者も目を丸くして見ていました。

27日、毎日観察した培地を撮った写真を順に見せると、「外遊びの後の方がいっぱい付いてる!」「手を洗ってないからだよ」と。何が付いてると思うか聞いてみると「手についたバイ菌じゃない?」「そうだよ」と。どういう時に手が汚れるのか、手が汚れたままだとどうなるのか等の質問にも自信をもって積極的に答える子どもたち。手には見えないバイキンがいることはなんとなく分かっていても、いざ様々な色や形のバイキンを目の当たりにして、より『手洗いの大切さ』に気付いてくれたようです。ご家庭でもお話ししてみて下さい。

2022年5月27日更新

こちらの記事も読まれています。


2022年7月20日
水あそび…


2022年8月12日
足跡ぺたぺた…


2022年7月14日
新型コロナウイルス感…


2022年6月24日
避難訓練…


2022年1月04日
明けましておめでとう…